デジカメで撮影した写真!?撮影した後に分類がお勧め!

アナログ式カメラならフィルム単位、デジカメは?

従来のアナログ式カメラの場合、12枚撮り、24枚撮り、36枚撮りなどのようにフィルムの枚数で写真を管理する事が出来ました。

フィルムの場合、現像する事でネガフィルムもしくはポジフィルムにして、現像したフィルムを保管しておけば焼き増しが出来たわけです。

また、フィルムを現像すると同時に紙焼きを作って貰えば、アルバムに貼り付けて保管が出来るなどのメリットがあります。

最近はデジタルカメラが主流で、映像データはメモリーの中に保管したままで、整理が出来なくなっている人も多いのではないでしょうか。

保存してあるデータは定期的に分類するなどして、データを整理する事が大切です。

撮影した日付や風景や人物などの被写体の種類、旅行などで撮影をした写真の場合は専用のフォルダを作成して保管をしておけば後でデータを探す時にも便利です。

写真のデータはパソコンで管理がお勧め

デジカメに利用しているメモリーは数ギガなどの容量になります。

撮影サイズにもよりますが、大容量メモリーなので撮影した写真データを大量に保存しておけます。

しかし、メモリーの中で保管をしておくと、後であの写真はどこにあるのかなど探すのが大変で、苦労した経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

撮影した写真データはパソコンの中で管理するのが便利です。

日付や写真の分類などでフォルダを作成しておけば、見たい写真を探すのが楽に出来るようになります。

また、気に入った写真は自宅のプリンターや写真店の専用プリント機を使って紙焼きを作り、アルバムの中で保管しておくのもお勧めです。

フォトブックとはデジタルカメラやスマートフォン等で撮影した画像データを使った、オリジナルの写真アルバムやこれを作るサービスです。ウェブ上で製作したり、データを店舗に持って行き依頼する方法等があります。