受けさせたほうが良い!?動物病院の定期健診

動物病院の定期健診のメリット

ペットを飼う環境がよくなったため、犬や猫などの平均寿命も長くなっています。人間と同じように、年をとると動物たちも病気になることも増えるもの。病気は早期発見していれば治療も簡単だったのに、気づかないでいたばかりに進行してしまっていたということもあります。動物病院で定期健診を受けることには、大事なペットの病気を発見し、早く治療を始められるメリットがあります。多くの動物病院の定期健診には、いくつかのコースが用意されています。体の触診に糞便検査、血液検査などの簡単なコースから、レントゲンや超音波検査などをプラスしたコースもあります。怖がりだったり、人に慣れていなかったりなど、動物の性格によっては、このような検査は負担にもなるので、必要に応じて受けさせましょう。また血液検査の項目も多いほど、病気が見つかりやすいものです。年齢によってなりやすい病気もあるので、年齢によって項目を増やしたりするとよいでしょう。

とくに高齢のペットの健康に注意

ペットを飼ったことのある人の中には、動物病院の定期健診は無意味ではないかと考える人もいるかもしれません。人間の場合と違い、動物は病気が見つかったとしても「積極的な治療をしない・できない」こともあります。確かに、人間ならそれほど難しくない治療も、体が小さいため不可能な場合もあります。しかし、早期発見できたからこそ簡単な治療で済むケースがあるのも事実。いざというときに慌てないためにも、高齢のペットの場合は定期的診てもらうと良いでしょう。せっかく一緒に暮らしているペットたち、楽しい時間を長く共に過ごしたいものですね。

市川の動物病院では、犬やネコをはじめとした様々な生き物に対応しており、症状に応じて的確な治療を受けられます。