知っておきたい!良いペットショップの選び方について

清潔かどうかを確認する

良いペットショップを選ぶには、まずお店の衛生面を確認しましょう。子犬や子猫の排泄物が残っていたり、ショーケースが汚れているお店は、衛生面がしっかりしていない可能性があります。特に、子犬は排泄物が長時間放置してある状態が続くと、そういった不衛生な環境に慣れてしまうので、購入した後しつけに困る場合があります。店員さんがきちんとペットの管理をしており、かつ店内が清潔に保たれているかをチェックしてみてください。

ペットをすぐにお客さんに抱かせない

子犬や子猫は、とてもデリケートな動物です。本来ならショーケースの中に入れている状態でもかなり負担がかかってしまいます。頻繁に色々なお客さんに抱かれているとストレスがかかり、免疫が落ちてしまう場合があります。その結果、ペットが菌に感染してしまうリスクが高まってしまうのです。そのため、お客さんにすぐペットを抱かせるようなお店は、ペットの健康管理が不十分である可能性が高いのでオススメしません。「この人は冷やかしではなく、きちんとペットを飼おうと考えているお客さんだな」と判断してからペットを抱っこさせている、誠実なお店を選びましょう。

生体保証があるかを確認する

子犬や子猫を購入した後、万が一のことが起きた時に対応してくれるのが生体保証です。生体保証が付いているかどうかは、良いペットショップを見つけるための大きな判断材料になります。生体保証については、ペットを購入する際店員さんから説明を受けると思いますが、どのくらいの期間保証してもらえるのか、どんな保証内容なのか、自分で納得出来るまで尋ねましょう。

犬や猫、ハムスターなどの動物がいるだけでなく、ペットショップはエサやおもちゃもたくさん販売されています。