見栄えの良さだけではない!屋上緑化のメリットと保全管理

屋上緑化を行う目的とメリット

屋上緑化は建物の屋上部分に芝生や樹木を植えて庭園に作り変える行為を指します。植物が存在することで周囲の景観が良くなる他、都市部に多く見られるヒートアイランド現象を防ぐ効果があります。ヒートアイランド現象は建物が密集している地域に太陽熱が籠って気温が過剰に上昇する現象ですが、屋上緑化を施すことで植物が断熱材の役割を果たします。そのため、建物が密集していても気温の上昇を抑制させることが可能です。また、建物からの排熱も緩和される他、都市部の環境改善に協力していることをアピール出来る社会的なメリットもあります。

屋上緑化の維持に関する注意点

屋上緑化は地域の気温上昇を抑制し、都市部の景観を改善させる効果があります。その一方で建物に植物や土壌、水などの重みが加わってしまうので、植樹を行う際は耐久性の確認と安全の確保が不可欠です。場合によっては建材の歪みや設備の破損など、重大なトラブルに見舞われる可能性があります。そのため、屋上緑化を施す際は信頼出来る専門業者に作業を依頼するのが賢明な対処法です。

屋上緑化は長く続けることが見栄えの良さを保つための条件なので、植物の品種を慎重に選んだうえで適切な管理を行うことを心がけます。特に気温が氷点下まで下がる地域は降雪時の管理に気を配ることが重要なので、必ず専門業者と入念な打ち合わせを行います。害虫や病気などのトラブルも屋上緑化を続けるうえでの障害なので、日頃から芝生や樹木の状態を確認します。わずかでも異常が生じた場合はすぐに防除作業を行い、良好な状態を保つのが屋上緑化を管理するための心得です。

屋上緑化とは、屋上や屋根の上に植物を植えて緑化することです。断熱や景観の向上などが目的として行われます。